10月24日(火)
 隣接する足助病院で本校生徒がコンサートを行いました。豊田市野口町が野口雨情ゆかりの地ということもあり、『赤い靴』や『七つの子』などを歌うと、コンサートを聴いてくださる方が一緒に口ずさんでくださるのが印象的でした。






10月22日(日)
 スカイホール豊田において、「豊田市高等学校魅力発見フェスタ2017」が開催されました。今年もポスターの部で本校生徒のポスターが採用され、3年連続の快挙となりました。ブース紹介は足助観光協会さんのご協力で、華やかな紹介となり、ステージでは「アストーーク」と題した発表を行い、好評を博しました。





10月12日(火)
 中間考査の最終日に、豊田市社会福祉協議会の方を講師としてお招きし、手話講座を実施しました。生徒が実際に手話を体験し、耳の不自由な方の手助けとなれるように、懸命に講師の方のお話を伺っていました。






10月8日(日)
 足助八幡宮近辺で、足助祭り2017が開催され、本校生徒も中間考査の最中ではありましたが参加しました。当日は西町、新町、本町、田町の4台の山車が有り、本校生徒がその中に入り、山車を引きました。街中での急カーブなど力を有するところでは本校生徒が頼りになったと、地域の方々から感謝の言葉もいただきました。このような祭りに参加することで、地域に貢献し、地域に根差した学校作りを進めて参ります。





9月23日(土)・24日(日)
 第7回おいでんグランプリに「とよた里山キーマカレー」を携えて参加しました。豊田で採れた地元素材を使って、豊田らしい料理をというコンセプトの下、生徒たちが販売に勤しみました。結果は準グランプリとなり、2019年に豊田で開催されるラグビーのワールドカップに「豊田のおもてなし料理」として振る舞われることになりました。生徒たちの頑張りの賜物です。






9月22日(金)
 文化発表会が行われました。今年度は「Let’sTry〜見たこともない景色〜」をテーマに様々な催しが行われました。吹奏楽部の演奏で幕を開け、生徒会のサプライズ企画などで舞台は盛り上がり、その後のクラス企画や文化部の活動では、それぞれに趣向を凝らした発表が行われました。午後からは芸術鑑賞会が行われ、マジックショーやダンスなどを堪能しました。








9月9日(土)
 一般財団法人豊田青年会議所主催の「TSUNAGARUフェスタ」にて「とよた里山キーマカレー」を販売しました。初の(株)ワイズ様の所有するキッチンカーでの販売とあり、生徒は最初こそ戸惑っていましたが、徐々に要領が良くなり、600食近くを売り上げることができました。販売という貴重な体験をすることができて、生徒たちもやり甲斐を感じた様子でした。







8月3日(木)
 本校も協力した「とよた里山猪肉キーマカレー」を携えて、大村秀章愛知県知事を表敬訪問しました。豊田市の山間地域が連携して作り上げたキーマカレーをはじめ、猪肉の肉まんやフランクフルトなど里山の恵みをアピールしました。代表生徒は緊張の面持ちでしたが、素晴らしい体験をしたと思います。






8月1日(火)
 足助警察署・足助防犯協会主催の「夏の安全なまちづくり県民運動」の一環で本校生徒が一日警察官として委嘱されました。当日は、防犯少年団(コノハキッズ)と一緒に「安心・安全」宣言を行い、その後、本校生徒がデザインしたうちわを配布しながら、防犯キャンペーンを行いました。







7月20日(木)
 本校で「とよた里山キーマカレー」の記者発表が行われました。当日は、八木哲也衆院議員、太田稔彦豊田市長、山野辺秋夫豊田市議会副議長、鈴木章市議会議員が来校され、報道機関など50名以上の方に参加していただきました。プロジェクトの発足が2月にあり、様々な関係各所のご協力を賜り、この日を迎えることができました。これから、このキーマカレーは様々な場所やイベントで販売をされます。本校としても、出来る限り協力していきたいと考えております。




7月14日(金)
 豊田市消防本部の方をお招きして、心肺蘇生法の講習を行いました。運動部の代表生徒や保健委員、有志の生徒が参加し、講習を受け、救急救命について学びました。その後の実践では、模型を使って実際に胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの装着を行いました。
 「あなたの勇気が命を救う」という消防士の方のお話が生徒たちの心に響いた様子でした。






7月6日(木)
 2年生が、企業・大学見学会に赴きました。就職・専門学校・大学の3コースに分かれて見学を行いました。就職コースでは製造業や販売業の企業、専門学校コースでは美容や観光などの学校を見学しました。大学コースでは校内を見学し、学食を堪能するなど、普段とは違う雰囲気に心躍る様子でした。来年のこの時期を見据え、就職や進学に向けて、気持ちを新たにした様子でした。






6月19日(月)〜30日(金)
 前期の研究授業週間でした。アクティブラーニングを始めとした先進的な授業を始め、様々な形式の授業が公開され、生徒諸君も緊張の日々だったと思います。併せて、授業公開で外部の方や保護者の方にも参観いただき、本校の教育にご理解をいただけたものと考えております。






6月24日(土)
 本年度2回目(通算8回目)の足助高校便教会を開催しました。今回掃除をしたのはグラウンドにある外のトイレでした。5名の生徒と地域の方が参加し、そのうち3名は初参加でした。他の方々のサポートもあり、始めは躊躇していた初参加の生徒も徐々に慣れていき、便器だけでなく、トイレの中の壁や手洗い場なども一生懸命に掃除してくれました。どの生徒も最後には爽やかな笑顔を浮かべており、生徒の心の成長を感じることが出来ました。




6月15日(木)
 JAFの方をお招きして、交通安全講話を行いました。ドライブレコーダーから見る事故の様子、定点カメラから見る一時停止や左右確認の重要性、自転車運転に潜む危険など、様々な観点からご説明をいただき、今まで以上に深めることができました。







6月9日(金)
 本年度より、6月実施になった体育大会が開催されました。前日までの雨でグラウンドの状態が思わしくなく、開催が危ぶまれましたが、生徒諸君の懸命な努力によってグラウンド整備がなされ、無事に開催することができました。当日は、多数の来賓の方々が参観される中、整然とした入場行進から大会はスタートしました。どの生徒も溌剌とプレーをしており、気持ちの良い体育大会となりました。




5月25日(木)
 NTTドコモの方を講師としてお招きして、情報講話を行いました。昨今、当たり前のようにスマホが使われる中で安心・安全に配慮した使い方や身の守り方などを教えていただきました。被害者だけではなく、加害者にもなり得るとの話を伺って生徒たちも心持ちを新たにしたようでした。






5月23日(火)
 雲一つない爽やかな晴天の下、体力テストを行いました。50m走やハンドボール投げなど、生徒自身がもっている力を十分に発揮して、記録に挑んでいました。1年生は中学校からの成長、2・3年生はそれまで1年間の成果を試す機会となりました。この結果は後日集約され、優秀な生徒には体力章が交付されます。






 5月20日(土)
 今年度最初の便教会を開催しました。前年度活躍してくれた生徒に加え、新入生も2名参加してくれました。また、PTA副会長の後藤さん、地域の方もご参加くださいました。
教室棟1階のトイレを総勢11名で掃除しました。利用状況が良く、比較的きれいなトイレでしたが、さらにきれいにすべく取り組みました。便器のみならず、壁や床の隅々まで行き届いた掃除をすることができ、今年度のスタートを良い形で切ることができました。
「きれいの輪」と「ご縁の輪」が広がり、生徒の心や人間関係にも豊かさが増してきています。









5月18日(木)
 今年度最初となる、本校独自のボランティア活動「足助人(あすけっと)」が実施されました。今回は学校周辺の清掃活動に加えて、校内の駐輪場の整備を行いました。長年に渡る土砂の堆積により埋もれていた側溝も掘り返され、駐輪場設置の時と同じような状態に戻りました。生徒の力あってこそできたことだと思います。







5月13日(土)
 多くの保護者にご来校いただき、PTA総会を開催しました。当日は、来賓として鈴木章市議会議員をお迎えし、新旧役員の交代、PTAの活動方針、PTA会費の運用が承認されました。今後もPTA役員の方々を中心に、保護者の方と連携を取りながら、地域とともに歩み、より良い学校作りを目指して参ります






5月11日(木)
 3年生の総合的な学習時間を使って、進路ガイダンスを行いました。就職希望者は小論文や面接の対策を行い、専門学校への進学希望者は、それぞれ希望の専門学校に分かれて担当者より説明を伺いました。
間近に迫ってきた進路選択に向けて、それぞれの生徒が真剣な眼差しで取り組んでいました。





4月28日(金)
 新入生歓迎球技大会が開催されました。新年度が始まって、最初の大きな学校行事とあって、どの生徒も溌剌とプレーをしていました。新入生はクラスメイトを知る良い機会となり、上級生もお互いの結束を強める場になったと思います。 
どの競技も決勝戦では白熱した戦いとなり、大変盛り上がりました。



4月6日(木)
 平成29年度の入学式が挙行されました。旭中学校の校長先生をはじめ、多くのご来賓の方々や保護者の参列の下、100名の新入生を迎えることができました。生徒たちは緊張の面持ちでしたが、これから始まる高校生活に胸を膨らませながら、しっかりと前を向いていたのが印象的でした。




4月5日(水)
 前期生徒会の認証式が行われました。本年度より生徒会規則が改定となり、総勢6名が生徒会執行部として認証されました。体育大会や文化発表会などの学校行事はもちろんのこと、足助人活動などのボランティア活動でも主体的に活躍してくれるはずです。







4月5日(水)
 平成29年度の定期人事異動に伴い、教頭先生をはじめ、3名の先生が転出されました。入学式準備の後に開催された離任式では、それぞれの先生方が学習面や部活動など、本校に対する熱い思いを述べられました。最後は校歌を共に歌い上げ、式は終了しました。先生方の新たな任地でのご活躍を期待しております。





3月19日(日)
 本校生徒が足助八幡宮で開催された「足健康まつり(足まつり)」に参加しました。当日は、大ぞうり神輿を担いで足助の町を練り歩きました。本校からはバスケットボール部、野球部、剣道部、卓球部の生徒、総勢17名が参加し、交代で神輿を担ぎました。
 この模様は4月22日(土)午前11時25分より東海テレビにて放送される予定です。




3月15日(水)・3月16日(木)
 1年生と2年生の学年球技大会が行われました。双方共にソフトバレーボールによるチーム対抗戦を行いました。バトミントンコートで行われるソフトバレーは通常のバレーと勝手が違って生徒も苦戦していましたが、徐々に慣れていき、決勝戦では白熱した争いとなりました。





3月5日(日)
 2月より開催されている足助観光協会主催「中馬のおひなさんin足助」のイベントの一環として、本校の吹奏楽部が参加しました。流行歌から懐かしの曲目まで幅の広い演奏をしました。当日は太田稔彦豊田市長も応援に駆けつけてくださり、盛大なイベントとなりました。




3月4日(土)
第6回足助高校便教会を開催しました。今回は11名の有志生徒に加え、保護者3名も加わり、総勢24名で体育館のトイレをきれいにしました。生徒、保護者、職員が並んで便器に向かう姿がとても印象的でした。たくさんの方に足助高校を支えていただき、生徒も一生懸命にトイレ掃除を行い、生徒の心の成長を感じることができました。掃除が終わると輝かしい夕日が参加者
を照らし、大変すがすがしい活動となりました。




3月1日(水)
 多くのご来賓や保護者のご臨席の下、第66回卒業証書授与式が挙行されました。厳粛な雰囲気の中で式は進みました。式辞では、これから社会人になっていく卒業生に対して、激励の言葉が贈られました。在校生からは学校生活における先輩への感謝が述べられ、大合唱の歌と共に式は締めくくられました。





2月18日(土)
 第5回足助高校便教会を開催しました。今回はなんと11名もの生徒が自主的に参加しました。最初は緊張した面持ちの生徒たちでしたが、始まると熱心に便器を磨き上げ、活き活きとした表情を見せてくれました。1つきれいにすると、次にきれいにしたい箇所を見つけ、きれいを広げていました。最後の挨拶では、生徒一人ひとりが感想を述べ、掃除の大切さや、掃除を通しての内面の変化を語っていました。今回の掃除で、トイレだけではなく、掃除を通し
て生徒の「心がきれいになる」ということを教えてもらいました。




2月9日(木)
 1年生の総合的な学習の時間で進路ガイダンスを行いました。専門学校を希望した生徒には、カレンダーの手作りや骨の模型を用いて構造を学ぶなど、体験型の講義を多く行いました。大学を希望した生徒には、文理ワークを行い、自分の適性の学部・学科を学ぶことが出来ました。






2月7日(火)
 1年生の生徒が、学校近くにある足助こども園に訪問しました。芸術の時間を用いて、子どもたちと一緒に歌って踊れる曲の演奏や紙芝居など、園児たちと楽しい一時を過ごしました。地域に貢献すると共に、参加した生徒たちの進路の礎となったと思います。





2月2日(木)
 1年生の総合的な学習の時間で、「認知症サポーター講習」を行いました。豊田市役所の地域福祉課の方を講師としてお招きし、認知症についての正しい知識と応対方法を学びました。講習の最後には認知症サポーター講習を受けた証としてオレンジのリストバンドを手に記念写真を撮りました。





1月25日(水)
 学校保健委員会が開催され、保健委員会の生徒が参加しました。今年度は「間食やジュースに潜む危険」をテーマとして、保健委員が発表を行いました。身近なお菓子やジュースには想像以上の糖分が含まれており、時間帯や量に気をつけることを怠ると、重大な病気を引き起こす可能性があることなどを発表しました。





1月19日(木)
 第二学年において「進路ガイダンス」を開催しました。就職・進学のそれぞれのコースに分かれて講習を聞ました。就職コースでは、実際に面接の練習をするなどして、もう1年を切った就職試験に向き合い、進学コースでは専門学校や大学の担当者の話を伺うなどして、将来への夢に向けて思いを馳せていました。




1月12日(木)
 第一学年において「百人一首大会」を開催しました。冬休みの課題でも百人一首の暗唱に取り組んだ生徒たちの中には、上の句のみで札をとる生徒もいました。映画「ちはやぶる」の効果もあってか、例年になく盛り上がった百人一首大会となりました。




1月7日(土)
 本校第4回の便教会を開催しました。今回は、初めて生徒が参加してくれました。3名の生徒が自ら進んでトイレ掃除に参加し、担当した便器に文字通り「没頭」して掃除している姿が印象的でした。参加した生徒からは、「始めは少し抵抗があったが、やり始めると夢中になっていた」「自分の掃除した便器に愛着が湧いて、これからはきれいに使いたい」「友達にもきれいに使ってもらうように呼びかけたい」といった感想が聞かれました。トイレ掃除の前と後の生徒の表情や発言の変容に驚かされ、感動いっぱいのトイレ掃除となりました。




12月28日(水)
平成28年最後のトイレ掃除を行いました。今回は職員・来賓トイレをきれいにしました。新たな気持ちで新年を迎え、本校の教育活動がますます充実したものになると確信しています。










12月22日(木)
 豊田市法人会様より、本校の足助人活動を応援する目的で横断幕と防犯ベストを贈呈いただき、その授受式を行いました。当日は協会から10名の方に参列いただき、生徒を代表して生徒会長に手渡されました。足助人活動を継続して行ってきた成果であるとともに、地域の期待を背負っているという使命感も感じました。より一層これらの活動に励んで参ります。




12月11日(日)〜13日(火)
 2年生が修学旅行で沖縄を訪問しました。1日目はひめゆりの塔や平和祈念公園を見て回り、2日目はコースに分かれて沖縄の自然を体験し、3日目は国際通りを散策しました。戦争の悲惨さを目の当たりにし、平和の誓いを新たにするとともに、本土とは異なる沖縄の文化や自然を満喫し、生徒それぞれの良い思い出となりました。




12月1日(木)
 愛知教育大学の中井大介先生をお迎えして、人権講話を行いました。「トリックアート」「主観的理解の落とし穴」「アメリカの心理学実験」など多角的な観点から人権について深く学ぶことができました。中井先生の工夫を凝らした講演は、普段の人権講話とは違った切り口となっていて、生徒たちも真剣に話を聞いていました。





11月26日(土)
 外部から4名の講師をお迎えして、本校の職員5名と本校で2回目のトイレ掃除の会を開催しました。今回は本館棟4階男子トイレを掃除しました。掃除を終えると、自然とスリッパを脱いでトイレに入ってしまうほど、きれいになりました。初めて参加した職員から「トイレが次第にきれいになり、気持ちが良かった」という感想がありました。






11月13日(日)
 学校説明会を実施し。多くの中学校の生徒や保護者の方々に生活の様子や進路実績の説明をさせていただきました。また、卒業生にも協力してもらい、足助高校を経て、どのような進路を辿っているのかを話してもらいました。この説明会を契機として、多くの生徒が本校に入学してくれることを願っています。




11月10日(木)
 足助警察署生活安全課の方をお招きして、「薬物乱用防止」についての講話を伺いました。昨今、メディアでも取り上げられ、なおかつ、実際に薬物取り締まりに当たられる方のお話だったこともあり、生徒たちも真剣な表情で聞いていました。




11月1日(火)
 景勝地である香嵐渓で開催されたもみじまつりに本校の吹奏楽部が参加・演奏をしました。今回は松任谷由美さんの『ルージュの伝言』などのポップミュージックの演奏に加えて、ジャズにもチャレンジをし、開会式に華を添えることができました。




10月28日(金)
 秋季野外活動で、1年生はウォークラリーを、2年生は南知多ビーチランド、3年生はナガシマスパーランドに行きました。
あいにくの天候の中でしたが、学校を離れての活動に、生徒も楽しんでいました。各学年とも生徒同士の親睦が深まる有意義なものとなりました。




10月16日(日)
 スカイホール豊田にて高校魅力発見フェスタが開催され、足助高校も参加しました。この日のために、校内スタッフが5月から準備を重ね、舞台発表では、小規模校ならではの足助高校の良さを存分に アピールし、ブースでは学校の周辺の環境や進路実績などをPRしました。当日は、多くの中学生がブースに訪れてくれました。


10月13日(木)
 2学期中間考査の最終日、第5回の足助人活動を行いました。今回は、足助高校周辺の清掃活動に加え、高齢者宅への訪問を行いました。中間考査の疲れの残る中、地元のボランティア団体の方と協力し、多くの生徒が元気よく活動していました。


9月26日(月)
 台風の影響により、当初の日程より遅れての実施となりましたが、好天の下、体育大会が無事に開催できました。100mやスウェーデンリレーなどのタイムを競う真剣勝負から障害物リレーや部活動対抗リレーなど楽しむ競技までバラエティに富んだ内容で盛り上がりました。


 

9月21日(水)
 文化発表会が開催されました。本年度のテーマは「Try Everything!〜一歩前へ〜」でした。各クラスが知恵を出し、舞台発表や展示など、工夫を凝らした出し物で盛り上げてくれました。また、各文化部も日頃の練習の成果やこの日のために準備した展示で参加しました。午後は文化発表会で足助交流館に移動し、セントラルジャズオーケストラのジャズを鑑賞しました。


6月16日(木)
 本校体育館にて、交通安全講話を開催しました。高校生に身近な自転車の安全な運転方法と事故の予防について、豊田市の交通安全センターの方々から講話と体験学習をしていただきました。実際に危険な運転を目の当たりにすることで、生徒一人一人がその危険性を認識し、通学でも、普段の生活でもより安全運転に心がけてくれることを期待します。

  

6月9日(木)
 3年生は校内にて、進路ガイダンスを行い、2年生は校外に出て、学校・企業見学会を行いました。ガイダンスでは、大学や専門学校の方々が多数来校され、生徒の希望に添ったガイダンスをしてくださいました。見学会では、実際に大学や専門学校、企業を回りそれぞれが将来の夢に向かって、貴重な経験を積みました。

 
6月4日(土)
 足助高校の隣、足助病院で「第1回とよた森の音楽祭」が開催され、本校からは吹奏楽部、有志の生徒が参加しました。吹奏楽部は宇宙戦艦ヤマトなどの往年の名曲を演奏し、有志の生徒は
DREAMS COME TRUEの「何度でも」を熱唱しました。病院の方々を始め、地域の方々に勇気と元気を届けました。

 

6月2日(木)
 雲一つない晴天の中、体力テストが実施されました。50m走やハンドボール投げ、立ち幅跳びなどの種目が実施され、それぞれが体力賞を目指して、精一杯力を発揮していました。結果が出るのはもう少し先になりますが、良い結果が出ると良いですね。



 
5月24日(火)
 爽やかな晴天の下、新入生歓迎球技大会が開催されました。1年生は高校生活に入って初めての大型行事であり、かつ中間考査明けということもあって大いに楽しんでいる様子でした。上級生もその強さを見せつけ、お互いに良い汗を流す良い球技大会となりました。
         結果等はこちら





5月18日(水)
 本校独自の地域密着型ボランティアである足助人(あすけっと)の活動を行いました。今回は足助レディースパトロールセーフティー(ALPS)隊の方々と協力して、防犯の啓発活動と清掃ボランティアを行いました。多くの生徒が参加をし、有意義な活動となりました。





5月14日(土)
 多くの保護者の方にご来校いただき、PTA総会を開催することができました。新旧役員の交代、PTA会費の運用、学校の経営方針などの決議を行い、承認されました。今後もPTA役員の方々を中心に、保護者の方と連携を取りながら、より良い学校作りを目指して参ります。




4月23日(土)〜
 愛知県内各地で、高等学校総合体育大会の予選が行われています。本校からも各運動部が日頃の練習の成果を発揮すべく、大会に臨みました。この大会で引退となる3年生も多く、部活動に一区切りをつけて就職や進学を目指していくことになります。各部での活動が今後の糧となるように期待しています。




4月6日(水)
 第68回入学式が行なわれました。満開の桜、春麗らかな陽気の下に、新たに84名の新入生を迎えました。新品の制服に身を包み、どこかぎこちないながらも、生徒は夢や希望に向かって歩み出そうと決意を新たにしている様子でした。





4月5日(火)
 平成28年度の定期人事異動に伴い、5名の先生が転出されました。離任式には、3名の先生にご出席いただきました。3名とも最後の授業ともいうべき本校や生徒に対する熱い思いをお話しいただきました。新たな任地でのご活躍を期待しております。